宇都宮市の行政書士・司法書士

近 藤 事 務 所

〒320-0036 栃木県宇都宮市小幡2-2-11 第二有貴ビル103 【駐車場あり】
宇都宮法務局から徒歩1分 宇都宮裁判所から徒歩3分 新川バス停から徒歩3分

受付時間
9:00~18:30

定休日

土日祝休み

お気軽にお問合せください

028-622-1710

任意整理(借金返済見直し)の手続き

  • 返済を続けても、ほとんど元金が減らない・・・
  • いったん支払を止めて、新たな計画で支払をしたい
  • 給与が減り、月々の返済が急に大変になった
  • ショッピング利用が高額で、来月の支払が無理そう
  • 手続きの費用はどのくらいかかるのだろうか
  • 督促の電話やハガキが来て気持ちに余裕がない・・

このようなお悩み、ご相談ください。

任意整理とは

「仕事で稼いだ分をほぼ全て返済にまわしている…」

「返済金額が少しでも減ればきちんと払えるのに…」

 このようなお気持ちで生活されている方のお役に立てる手続きです。

消費者金融や信販会社、クレジット会社からお金を借りて返済しているご本人さまの代わりに、借金の減額や利息の免除の交渉を行います。

そして、借金の額を確定したら、家計の状況を考えつつ、無理のない範囲での返済計画を立てます。通常は、3年(36回分割)以内での返済計画を立てますが、借金の金額が多い場合には、5年(60回分割)程度の長期的な返済計画で話がまとまることもあります。

このように、業者と交渉して、借金の残額を確定し、いつまでに何回払いで返済をするのかの話をまとめる手続きを任意整理と言います。

任意整理のお手続きによって、月々の返済額が少なくなり、今後の返済計画が明確になるため、余裕をもって生活することができるようになります。

なお、過去に払い過ぎていた利息(過払い金)があれば、その分のお金で借金が無くなり、さらに過払い金が戻ってくるというケースもあります(過払い金返還請求)。

任意整理(借金の返済)の相談について、司法書士は、1社あたりの元金が140万円を超える業者については和解交渉ができません。この場合は弁護士にご相談ください。

例えば、200万円の銀行カードローンと90万円の消費者金融からの借入で合計290万円の借金がある場合に、90万円の消費者金融からの借入のみ任意整理をすることはお勧めしません

借金の整理するためには、借入金額が大きいところからから解決するべきです。金額が大きいと、その分、支払額も多くなります。月の支払額の多い業者を優先して解決することで家計の負担が減るのです。

このようなケースでは、290万円の借金全体を解決するべきですから、2社まとめて弁護士にご相談ください。

任意整理のメリット

依頼後は、すぐに業者からの請求が止まります。督促の電話や手紙からいったん解放され、精神的に落ち着けます。

そして、和解が成立するまでは返済をストップできます。

返済をストップしている間に、生活を落ち着かせて家計を見直せます。業者への和解金の支払いと、手続き費用の支払いが重ならないようにスケジュールします。

もし、払い過ぎの利息があったら、借金が減額されます。払い過ぎの期間が長い場合は、利息の再計算(引き直し計算)でたくさん借入が減るケースもあります。

利息カットで、無理のない返済計画が立てられます。返済計画はご本人様と相談しながら確実なものを作ります。

また、例えば、車のローンを除いて手続きを行うことが可能です。

「車のローンや保証人付きの借金はこれまで通り払おう」

「負債が少ないのでこの1社は自分で返していこう」と選ぶこともできます。

任意整理のデメリット

信用情報機関に登録され、5年~7年程度は新たなお借り入れができなくなります

「これからも借金をしたい」という方にはデメリットですが、「もう借金はやめよう」とお考えの方にとっては、必ずしもデメリットではありません。

任意整理の相談事例

  • 任意整理後の支払いのしかたとは?
  • 費用とあわせてどのような支払いスケジュールになるの?
  • 任意整理手続きが気になるけど、手続きした後がイメージできなくて、相談に踏み切れずにいる・・・
  • 任意整理した後の支払って実際にはどうなるの?

このようなお気持ちの方へ。任意整理後の支払いの例を紹介します。ぜひ参考にしてください。

なお、あくまで一例ですので、全ての方に当てはまるわけではありません。 

支払い回数は多くても月の支払いは抑えたい

相談前は、

  • 借金 44万円 ・取引期間 2年 ・利息18%・ 月1.5万円支払い

だったものが、

  • 手続き後の和解金額 44万円 ・支払開始月は依頼から 4か月後・月々の支払額 8,000円・ 支払回数 55回

となった事例を紹介します。

この方の取引は平成24年から2年でした。払い過ぎの利息がある取引ではないので、過払い金が発生しているのでもなく、借金の元金そのものが減ることはありませんでした。

しかし、任意整理後の支払利息は18%から0%にしてもらえたので、手続き後は元金を分割して払えばよいことに。

「いつ完済になるんだろう、いつになったらこの苦しい返済生活が終わるのか・・・トータルの支払額もよくわからないし。」ということもなくなり、完済の時期がはっきりとわかるようにになりました。

借りていた業者への支払いはいったんストップ

和解が成立するまでの2~4ヶ月間は業者への支払いはいったんストップできます。その間に、司法書士費用を分割で支払いました。

ご本人さまの希望は「支払回数が多くなっても月々の支払いをなるべくおさえてほしい」とのことでした。

そして、月々の支払いが8,000円におさえることができ、家計上も無理のない返済計画が立てられました。

いかがでしょうか。このケースでは過払い金がありませんでした。しかし、例えば取引期間が長く過払い金がある場合は、その分の金額を返済にあてられます。結果的に借金が大きく減るということもあります。

お一人お一人の家計や希望に合わせて任意整理

別の任意整理の事例を紹介します。ご本人さまの希望により、支払い回数を短くして和解したケースです。

その方の収入状況にもよりますが、短い回数で返済が終わればその分借金から早く解放されます。

  • 相談前借金69万円
  • 昔の利息が28%程度あったと記憶し
  • 借金が少しでも減らないかと相談

相談前は、

借金 69万円 ・取引期間 6年・ 相談時の利息18% ・月々支払い3万円

だったものが、

手続き後の和解金額50万円 ・支払開始月 依頼から3か月後

月々の支払額 5万円・ 支払回数 10回  となった事例です。

支払い回数を短くしたい希望に沿って和解できました

この方の取引は6年と比較的長い方でしたが、利息の高い時期が短い取引でした。

それでも利息の再計算をして交渉した結果、相談前よりも19万円減額できています。

ご本人さまの希望が「月々5万円程度なら支払いに充てられるので、支払い回数を短くしたい」とのことでした。

業者との交渉の結果、これに沿って支払い計画が立てられました。司法書士費用を一括で支払い、調査や交渉の期間に預金をし、その後、余裕をもって借入業者への支払いを開始することができました。

このように、ひとくちに任意整理と言っても、取引状況や家計の状況により支払いプランは異なってきます。ご本人さまのご希望になるべく沿うように、計画通り最後まで支払いできるようにしています。

苦しいリボ払いから抜け出すために―ショッピング利用の任意整理

カード利用で気軽に買い物できることはとても便利ですよね。

ショッピングカードの使いすぎには十分注意しなければと思っていたけど、つい利用しすぎで届いた利用明細の請求金額にびっくりした。支払いの予定が立てられなくて困った。

そのような方のために書きました。リボ払いの借金を任理整理で解決した事例を紹介します。

リボ払いを重ねて気づいたら借金が100万円に

「5年くらい前から、信販会社のカードをショッピング利用していました。生活費が不足した時に、日用品を買うためにカードを作りました。だんだんとリボ払いの残高が大きくなり、支払いが大変になってきました。」

「毎月31,000円の返済のうち12,000円が利息に消えてしまいます。元金の減りが少ないです。現在は新たな利用はしておらず、返済のみ続けています。月々の返済額を減らして返済していきたいのですが。他には車のローンもあります。」

このようなご相談がありました。

リボ払い(ショッピングリボルビング払い)は確かに便利です。

しかし、ショッピング利用をし過ぎると厳しい支払いに直面します。利用をやめても支払いが終わるまで一定額の返済が継続して必要になります。

「最近は、利用はせずに支払いのみなんですが、なかなか返済が終わりません」

このような方も多くいます。この方は、早めの相談をすることで、月々の支払額を減らす手続き(任意整理)をして、なんとか支払いできる額におさめることができました。

家計を見直し、以前のようにショッピングばかりすることはやめたとのこと。そして、新たな支払い計画に基づいて順調に計画通り支払いをされているようです。

相談当初の悩みは解決してよかったと思います。

自己破産しないために早めの相談を

もし相談することが遅れてさらに借金が増えていたら・・・。

収入に比べて返済が大きくなり過ぎるとこのような解決はできなかったでしょう。

借金が大きくなると当然その分の利息の支払いも大きなものになります。借金整理の決断を先送りにすると、今ある給料や他の資産を処分しても返済金には全然足りないという事態にまでなりかねません。

そして、どうしても返済が無理という段階になると自己破産を検討する必要があります。自己破産手続きの場合、一定の価値以上の車を手放すことになるなど、資産が処分の対象になります。

早めに相談していれば任意整理できたのに、状況がさらに悪化して自己破産しか選択できない、ということもありえるのです。

当事務所は初回相談は無料です。他の事務所ととじっくり比べてから、実際に依頼するところを決めることもできます。

 

任意整理手続きのお約束

手続きへの不安を取り除きます

安心して借金の整理ができるようにサポートいたします。

任意整理の手続きにはメリットだけでなく、デメリットもあります。

当事務所では、デメリットについてもきちんと詳しく説明いたします。ご本人さまの現在の状況をよく考えて、メリットの方が多ければお手続きの検討をお勧めします。

「任意整理の手続きをした後はどうなるのか」

「自分の場合はどのくらいデメリットがありそうか」

このようなことを入念にお話することで、お手続きへの不安をなくすようにしております。

確実な返済計画を一緒に作っていきます

無理のない支払い計画が一番大事です。

任意整理の手続きの依頼さえしてしまえば、借金問題がすべて解決で終わり、というわけではありません。

むしろ、きちんとした無理のない支払いのためのスタートです。

確かに任意整理はメリットがありますが、実際に返済計画表通りに支払いをするのは、ご本人様自身です。

当事務所では、きちんと無理なく支払いできる計画なのかどうか、ご本人様の状況を詳しく聞きながら手続きをいたします。決して一方的に進めることはありません。

不安や疑問に一つずつていねいにお答えします

細かいことでもお聞きください。

ご相談にいらしゃるほとんどの方は、司法書士に任意整理の相談をするのは初めてです。

どのように進めていくのか、デメリットはないのか、費用はいくらなのかなど気になることがたくさんあるのは当然です。面談ではこのようなお気持ちにていねいにお答えします。

「こんなこと聞いたら、『当たり前でしょ!』とか言われないだろうか・・・」とお思いになる必要はありません。細かいことかなと思ってもご質問ください。

「同居の家族に知られずに手続きしたい」「連絡をしないでほしい時間帯がある」などセンシティブな要望にも最大限対応いたします。

任意整理手続きの費用(税込)

ご相談(初回) 無料
基本報酬(1社あたり) 33,000円
過払報酬(1社あたり) 返還金額の22%
  • 1社のみのご依頼の場合、基本報酬は55,000円となります。
  • 債権者数が1社なら55,000円、2社なら66,000円、3社なら99,000円です 。
  • 訴訟により回収した場合の過払報酬は27.5%です。
  • 基本報酬 は分割払い可能です。

関連するページはこちら

過払い金や借金返済についてどのように相談したらいいのか、とお悩みの方へ。当事務所の特徴を紹介しています。

過払い金とは?過払い金返還請求のよくあるご質問、デメリットってあるの?に詳しく回答しています。

突然借金の督促状が来てお悩みの方へ。借金の時効を主張する方法や時効の主張ができる場合について説明しています。

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら
028-622-1710
受付時間
10:30~18:30
定休日
土日祝休み

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せ

028-622-1710

<受付時間>
10:30~18:30
土日祝休み

近藤事務所

住所

〒320-0036
栃木県宇都宮市小幡2-2-11
第二有貴ビル103 【駐車場あり】

アクセス

宇都宮法務局から徒歩1分
宇都宮裁判所から徒歩3分
新川バス停から徒歩3分

受付時間

10:30~18:30

定休日

土日祝休み