過払い金・借金返済のことなら、栃木県宇都宮市の女性司法書士による『栃木 過払い金・借金返済サポート』へご相談ください(初回相談無料)


    〒320-0036 栃木県宇都宮市小幡2-2-11 第二有貴ビル103

028-622-1710

受付時間

10:00~19:00(日祝除く)

お気軽にお問合せください

借金の時効を主張する(時効援用)手続き

  • 放置した借金があるが、これを機に解決したい
  • 昔の借金のことでいきなり裁判所から訴状が来た
  • 督促状が来たけれど、時効かもしれない
  • 督促状に「すぐ連絡しろ」と書いてあるが、不安だ
  • 住所を変えたら、督促状がきてびっくりした

このようなお悩み、ご相談ください。

長年、放置している借金があるけれど、これを機に解決したいと思っている方のためのお手続きです。

まず、面談にお持ちいただいた資料等をもとにして時効の可能性があるのかどうかについて検討します。その後、ご本人さまが借り入れをしていた消費者金融や信販会社(業者)から、取引の記録(いつ・いくら借りて、いつ・いくら返したのか記録してあるもの:取引履歴)を取り寄せます。

取引履歴を確認してから「時効なので払いません」というような内容(時効援用)の内容証明郵便を業者に送ります。そして、業者と連絡を取り、今後は借金の取り立てがなくなることを確認します(可能であれば、「債権放棄書」等の書面を交わすこともあります)。

このように、借金の記録の取り寄せ時効援用の内容証明郵便発送到着の確認今後は借金の請求はしないことの確認、これらのお手続きをすることが、時効援用手続きです。

なお、借金の取引を調べた結果、時効が成立していなかった場合は、業者と返済計画を話し合うことになります。借金の支払いについての交渉手続き(任意整理手続き)になります。

借金の時効とは?

時効の主張(時効の援用)のメリット

借金の支払いがなくなります

時効の主張が通ると、借金の支払がなくなります。督促状取り立ての電話などから解放されます。長年、気になっていた借金のことを考えなくてよくなり、精神的に落ち着きます。

時効援用のデメリット

時効でなかった場合は、支払いについて話し合うことに

時効でなかった場合は、相手方と支払いについて話し合うことになります(任意整理)。お金を借りていた業者に対して、「まだ時効ではないのですが、時効になるまで静かに、何も請求しないでいてください」という主張は通常は通りません。

大事なことは、時効でなかった時のこともよく考えて手続きをすることです。

時効でなかった場合の任意整理について詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

任意整理の手続きはこちら

お問合せはこちら

お気軽にお問合せください

028-622-1710

受付時間:10:00~19:00(日祝除く)

【業務対応エリア】宇都宮市、鹿沼市、日光市、下野市、真岡市、さくら市、小山市、栃木市、佐野市、足利市、那須塩原市、大田原市、那須町、矢板市、塩谷町、那珂川町、那須烏山市、高根沢町、芳賀町、市貝町、茂木町、益子町、壬生町、上三川町、野木町など栃木県内全域及びその近郊

    お問合せはこちら

お気軽にお電話ください

028-622-1710

受付時間:10:00~19:00
     (日祝除く)

  ご連絡先はこちら

028-622-1710

受付時間:10:00~19:00
     (日祝除く)

司法書士近藤事務所

〒320-0036
栃木県宇都宮市小幡2-2-11
第二有貴ビル103

司法書士 近藤 明子

代表ごあいさつはこちら

業務エリア

宇都宮市、鹿沼市、日光市、下野市、真岡市、さくら市、小山市、栃木市、佐野市、足利市、那須塩原市、大田原市、那須町、矢板市、塩谷町、那珂川町、那須烏山市、高根沢町、芳賀町、市貝町、茂木町、益子町、壬生町、上三川町、野木町など栃木県内全域及びその近郊